忍者ブログ
HOME
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
2017 .12.15
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 




中国語会話学習はシンプルですが、ちょっとしたコツが必要。「 中国語の本を声に出して読む 」

「 実践する 」

この二つが中心になります。

そうはいっても、中国語の学習にはちょっとしたコツがあります。

そのコツはもう少し下のほうで説明致しますので、少しお待ち下さいね。

運良くわたしは、日本と現地を行き来する機会に恵まれました。
そうはいっても、日本にいるときにでも相当勉強しないと
現地で右往左往するのは目に見えていましたので

事前学習としての最大の課題はヒアリングでした。

ヒアリングが出来ないと、スピーキングも出来ない。日本にいながらですと「現地で実践」が出来ないために、
ヒアリングの学習がおろそかになってしまいます。

実際、ヒアリング教材を購入しても、簡単すぎるか難しすぎるかの両極端で、
実際の業務で使えるような「仕事の中国語」を学ぶには

しっくり来る教材が少ない

のが現実です。

同じような悩みを持つ学習者は、友人・知人でわたしの周囲にも数多くいたので、
日常会話にとどまらない、業務上必要な会話までのレベルに相当するテキストの存在の
必要性をそのときに痛感致しました。

また、ヒアリングレベルを上げるために中国語学校に通うとしても時間と
費用の面からは断念せざるを得ませんでした。

仕事が定時で終わることもまずない、不規則な生活でした。
細切れの時間を使ってもいいから学習する方法はないかと日々あせっていました。

何時でもどこでも手軽に学習出来る方法はないものか・・・

学習時に割り切ったこと時間的制約がとても多かったわたしは、いっそのこと「読み」と「聞き」に絞りました。
つまり「書き」を捨てたのです。

「読み」は本をちょっと探せばまあ何とかなります。
問題は「聞き」です。

必達!中国語会話学習法77 必達!中国語会話学習法77 必達!中国語会話学習法77 必達!中国語会話学習法77

残念ながら

初心者が手軽にかつ継続的に聞きつづけるヒアリング教材に
なかなかめぐり合いませんでした。

しかも、書店にあるヒアリング教材は例文をひたすら読み上げるものなので、

どうしても飽きてしまうのです。

飽きずにヒアリング学習が出来ないものかそう考えたのがこのテキストを作るきっかけでした。
その一方、この教材の目的はひとつ「中国語会話」です。
「中国語」の学習では御座いません。

中国語勉強法

「中国語会話」の学習

です。

しかも「日常会話」を一歩も二歩も超えた

「仕事で使える中国語」のレベル

です。

実際に、日常会話は雑談の延長ですが、仕事場で使う会話は少し違います。

必達!中国語会話学習法77 中国語会話の黄金律学習法77 中国語会話の黄金律学習法77 中国語会話の黄金律学習法77

「大人の会話」が要求されるのです。

これは、難解な言葉や二重否定を使った文語的な表現を使うわけでは御座いません。
むしろ、シンプルな表現が好まれるのです。
では、そのようなシンプルな表現のために単語を羅列すればいいのかというと
そうでは御座いません。

先程も申し上げたちょっとしたコツがあります。

一方で、「仕事で使える中国語会話」をマスターすれば、
「日常の中国語会話」への応用が可能です(その逆は難しいと思いますが。。)。

ここで大切なことは、あくまで「中国語の会話学習」であって

「中国語の学習」では無いことです。

 

>>更に詳しい内容はこちらから



PR
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
必達!中国語会話学習法77
性別:
非公開
ブログ内検索
アーカイブ

Page Top
CALENDaR 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31